【チームメンバーとの交流の中で・・】私が貫くべき本当のプライドとは?

ブログランキングに参加しています!1日1クリックを押していただければ

ランキングが上がりますのでどうか応援よろしくおねがいいたします^^


人気ブログランキング




私はメインキャラの「ナミ」とともにサブキャラ
「アスラ」の育成にも力を入れています。


最近はサブ活動も多くアクセサリーを集めて

レベルを上げてクエストをこなし、宝珠をとり、、、



やることはたくさんありすぎますが
少しずつ育っているのが実感できてたのしいです^^


アスラ

聖守護者にも通えるようになってきたので
羽根をとるために頑張りますよ^^b




自分をとにかく守りたいゆえに・・




突然ですがあなたに質問があります。


あなたはプライドが高い人ですか?


アスラ

「・・・またいきなり何を言い出すんですかナミさん・・;」


いまあなたはそう思われたかもしれませんが


何を隠そう?私はかなりプライドの高い人間でした(笑)


10代や20代の頃は特にプライドばかり高く、見栄ばかり張って

とにかく自分が傷つかないよう自分の事を守ってばかりでしたね;;


私だけじゃなくきっと余計なプライドを持っている人って


とにかく自分が傷つくのを恐れる気持ちがあると思います。


なんで俺ってこんなプライドがたかいのかなぁ、、?

なんて一時期、悩んでいたりした時期もあったんですが


「じゃあ、そんなプライド捨てればいいじゃないですか?
 
 プライドなんか高くても仕方がないでしょ?」




ほんとそう思うんですけど

ほんとその通りなんだけど

ほんとそれは分かるんですけど


そうわかっていても簡単に捨てることはできなかったんですよね^^;


冷静に考えれば素直になるべきと分かっていても

でもやっぱり気持ちを割り切ることができない・・


そういう経験は今までも何度もありましたし

そういう経験をして後になって今まで何度も後悔もしました。



ひょっとしたらあなたも1度や2度、経験があるかもしれませんね。

でも、それでも自分の気持ちって

簡単にはコントロールできないですよね。


人間って自分の気持ちを無視できない生き物。


実際DQ、オンラインをやっていてもこの人プライドが高いなぁ・・・^^;

っていう人はほんと沢山見てきましたしやっぱりそういう人は私と同じように

自分が傷つくのを恐れて自分を守ろうと必死になっているように見えました。


引き留めないし、理由も聞かなかった




これは私自身の話なんですけど

チーム活動を今日まで長くやっていて最初の何年かは、例えば

チームメンバーの誰かがチームを抜けたいと言ってきたとしたら


決して引き留めないし理由も聞かない!


という謎の美学を持っていたんですよ(苦笑)

周りの仲間には、


「チーム抜けると決めた人間は引き留められないし引き留める必要もないよ」


なんてちょっとカッコつけた感じのことを言ってましたが

ナミ


本音を言えば

本当はチームに残ってほしいのに、本当は引き留めたいのに

でもそんなのは自分のプライドが許さなかったから・・・



もし残ってほしいと伝えてそれでも去って行ってしまったら

自分が傷つくし、カッコ悪いししつこいと思われるのも嫌だし

それで、抜けた後に


「いや~前いたチームのリーダーに必死に引き留められてまいったよ~ww」

「えーたいへんだったねー^^;」


なんてもし言われようものなら顔から火が出るくらい恥ずかしい;;


だから決して私は、追わないし理由も聞かなかった。

いや、、追えなかったし、理由も聞けなかったんですね。



こうやって見ると本当に・・自分と自分の気持ちを第一に守りたい、、

というのがわかりますよね^^;


もしかしたらチームを抜けるという人も

何かに悩んで、話を聞いてほしかったのかもしれない。

それでもし話し合うことができたら


ひょっとしたらその問題を解決できたかもしれないし

チームに残って一緒にまた活動できたかもしれない



ですが私は自分を守ることをまず第一に考えて

相手の気持ちを考えようとも、見ようともしなかったので

そういう機会を自ら、何度もなくしてきたんですね。

貫くべき本当のプライドとは。。




自分を守ることって自分を大切にするという事ですよね。


それ自体は決して悪い事ではないと思います。


でも自分を大切にするには

自分の本当の気持ちを大切にしなければいけないし


自分が傷つくのが怖いから自分の本音を偽り隠すことは

いつまでたっても後悔をくりかしてしまうでしょうし

いつまでたっても余計なプライドを捨てることはできないでしょう。


だから私は貫くべき本当のプライドとは


自分の本当の気持ち、自分の本音だと今では思っています。


これはあくまで私個人の考えで

共感できる部分だけ感じ取ってもらえればと思いますが


自分の本音に素直になれないプライドなんて捨てるべきだと思いますし

それは捨てることができると思います。



それ以外のプライド、こだわりは

なかなか捨てるのは難しいかもしれませんし

すぐには変わることはできないかもしれませんが

決して必要以上にエネルギーを注ぐことはないでしょう。


さっきのチームの話にもどりますが

現在でも

チームを抜けると決めた人を引き留めることは難しいでしょうし


その人が決めたことなら尊重するべきだし深く理由を聞いて

とにかく必死で引き留めるという事は、私は基本的にはしません。



ですが

もしじっくり話し合うことができて相手が悩んでいたり迷っているなら

自分が思っている本音をまず伝えるようにしています。





それはプライドが高く自分を守ることだけしか

考えなかった昔の自分にはオンラインでも絶対言えなかったことですし

リアルの生活にも反映できるようになった


オンラインを通して学ぶことができた目に見えない大切な事の一つだと思っています。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではでは最後まで読んでいただきありがとうございました!


ブログランキングに参加しています!1日1クリックを押していただければ

ランキングが上がりますのでどうか応援よろしくおねがいいたします^^


人気ブログランキング

Twitterフォロー大歓迎


Twitterの方でも過去記事を紹介したり色々なことを日々発信しています!

もしよろしければお気軽にフォローして下さいね♪





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ナミ

2013年の発売初期からDQ10をスローペースで続けているライトプレイヤーで初心者の方や復帰された方が集うTeam Cloud lx(チームクラウドナイン)のリーダーとして活動中。日々チーム仲間,ソロでアストルティアの世界をのんびり楽しく遊んでいます。