本当の自分を映し出す「ラーの鏡」

先日からかけているチームメンバー募集で
一名の方がチームCloud ㏓に入隊しました!


新しい仲間と一緒にこれから色々な事をやれればいいな。
楽しみですし、本当にありがとうございます^^


引き続き募集は続いていますし、
また広場の方で告知も致しますので

興味があればぜひメッセージをくださいね。
あなたのところに私ナミが向かいます(笑)


過去にいただいた質問の記事を再掲載


以前のブログ

「チーム Cloud ㏓アストルティア放浪記」

を運営していた頃

ブログに訪問して記事を読んでいただいた方から
いただいたメールが来てそれについて


いくつかブログ記事で答えたことがあるのですが
今日はその中の一つをもう一度掲載させてください。

なぜかというと、最近似たようなことで考えていたり

チーム仲間と話すことが多かったので
今回改めて記事にしたい、

もしかしたら今同じような事で考えたり
悩んでいる方に少しでもお役に立てれれば、

考えの選択肢の一つにでもなれればと思ったからです。


もう一年以上前なのですが
以前にいただいたメールの内容とは

mail
「私はDQを今年から始めてとても楽しく遊んでいます。

 それで最近私も他の周りの人のようにツィッターやブログを
初めてみたいという気持ちがあったのですが

 いざ始めてみようとDQをやってる人たちのブログや
 ツィッターを参考に拝見させていただくと
 
 皆さんとても華やかで楽しそうで色々なことを書かれていて
自分なんかにはやっぱりできない><
 
 そう思って自信がなくなってしまいますし私よりも
DQを楽しんでいる方が本当にいっぱいいるんだなぁって

なんだかおちこんでしまいます・・

 ナミさんのブログを拝見させていただいて
ナミさんはDQがやっぱりたのしいですか?」


このような内容でした。


[ナミさんはDQが楽しい?]


そう聞かれれば、やっぱり楽しいです。


楽しいと思うから今日までDQを続けているわけですし
楽しいと思うから今日まで続けてこられたと思いますし


もしつまらないと思っていたら
ブログも今日まで続けていないし続けられないですよね^^


ツィッターもアカウントはDQ用に
一つだけもっていて一応はやっていますが

ブログを更新したときに自動でツィッターの方も
つぶやくように設定しているのでほとんど放置ですね。

ツィッターをしている何人かのチーム仲間の呟きを
たまにみてみてイイネをしたり何か書き込んだり・・


そういうときくらいに使う感じなので
そこまで活用している感じはないですので


ツィッターSNSをやると楽しいのかどうかは
正直わからないです。


でも実際はどうなんだろう??


とはいつも思いますよ。

ツィッターやブログの話ですが
いただいたメールの中で書かれてありました

「華やかで楽しそう!」とおもう人は


 本当にそのような環境にいるのでしょうか?

まるで自分を映し出す鏡・・?



それはもちろん私にはわかりませんし

私は攻略ブログなど以外で知らない方や
つきあいのない方のDQのブログやツィッターはほぼ見ることがなく、


またあくまで私の場合はですがさほど興味も感じないので
普段付き合いのない知らない人の日常を見て

「羨ましい!楽しそう!」とか

そういう風にはあまり感じたことはないんですね。


まぁでも、仮に全くしらない誰かが


「福引で大当たり!マイタウンの権利書があたった!」


とかつぶやきを見ると


「うおおお~いいなぁ!すげー!!」


それは素直に羨ましいとおもいますよ(笑)


あと、あまり共感できないネガティブだったり
批判的なつぶやきなどを目にしてしまうと


ちょっとイラっとしたり悲しい気分にもなることもありますが

(だからこそあまり見ないようにしている部分もある苦笑)


でもやっぱり、基本は
あまり心を動かされることはないですね。


でも、案外あれじゃないですか?


すごい華やかに見えて実際はそうでもなかったり
隣の芝生は青く見えるみたいに

もしかしたらそんな感じかもしれない。


メールを送ってくださった方が

私の、当時のブログに訪問して記事を読んでくれて
どのように感じたかは詳しくは書かれていませんでしたが


私は、ブログやツィッターというものは
ある意味「自分を映す鏡」だと思っています。



攻略系などそういうものを発信されてる方は
ちょっと違うかもしれませんが


日常の生活やつぶやき、また私のブログのような
発信をしている場合はまさに「鏡」


ドラクエでいうならば
本当の、真実の自分を映す「ラーの鏡」ですね。



私は今まで自分が書いてきた
ブログ記事を後になってたまに
読み返してみることがあるんですが


「あ~このとき自分はこういうものを求めていたんだなぁ・・」


その時は見えなくても・・後になって
読み返してみるとこう思うことがすごくあるんですね。


チーム仲間とこんなことをして遊んだ!
すごく楽しかった!またいきたい!
新しいメンバーさんがふえた!嬉しい!

記事を読んでくれる方に


「こんなうれしいことがあったんだよ!」


そう伝えているけど
実は私自身がだれかとのつながりや出会いを


「強く求めている時」


実は私自身が誰かと一緒にいることを楽しいと


「強く思い感じたい時」


記事を読んでくれる方に


「チームをやっていてこう思いました。
 ずっと続けてきてこう感じました。」


伝えている反面、実は私自身が
自分が思っていることが本当に正しいのか?


少し「迷っている時」や「信じたい時」


本当は自分はまちがっていないか


誰かに「確認」してほしいと思っている時・・etc


そうやって少し見方をかえてみると
まるで自分の真実の心を映す鏡のように思えますし


そうやって少し見方をかえてみると
ブログやツィッターで誰かに訴えているつもりでも


実は自分自身に訴えているのかもしれない


一見華やかで楽しそうな発信も


よ~く見れば発信した人自身の気持ちの欠けているもので
よ~く見れば発信した人自身の気持ちを満たしたいもの。


だったりするのかもしれません。

あなただけの貴重な体験。あなたが主役のDQ



まぁ、、、ちょっとひねた考えかもだし(苦笑)

あくまで共感出来るとこだけ感じとって
もらえればと思いますが


私が何を言いたいかというと


このときメールをくださった方のように

ブログやツィッター、SNSで
自分の気持ちを発信していなくても


DQをやって心が充実して楽しいと
感じていられる環境にいられるなら


文句なしにそれがなにより素晴らしいこととだとおもいます。


ブログやSNSなどで自分の気持ちを発信できたり
色々な交流がふえて楽しいかもしれませんが


その反面ハマってしまうと四六時中スマホを
いじっていないと落ち着かなくなってしまったり


いつのまにかブログやツィッターで
書き込みやつぶやきをするためにDQをやっている。。

なんてことになってしまう恐れもあります。


もちろん、その人その人の
ライフスタイル、プレイスタイルなので

それが楽しいならそれでいいと思うし
正しい、悪いかの基準ももちろんないでしょう。


ただ、私が理想とするDQのプレイスタイルは


ブログやツィッターなどで
自分の気持ちをいつも発信しなくても
誰かとつながりを強く求めなくても


DQをやっていて心が満たされて楽しいと
感じることがやっぱり一番じゃないかなぁと・・・


私がこのブログでドラゴンクエスト10を通して
自分の体験や気持ちを綴っているのは

今回のようにチームメンバー募集をかけるときや

私たちのチームCloud ㏓に興味をを少しでも
持ってもらうためというのが一番の理由です。


もし、それがなければブログもツィッターも
やってないと思いますし

やろうという気持ちも多分なかったと思います。


・・・・ごめんなさい。
ちょっと長くなってしまいましたね^^;


メールを送ってくれた方に対して
私が言いたかったのは


ブログやツィッターをやっていなくても
あなたが今DQを楽しいとおもうなら

当たり前ですがそれが一番だと思いますし

ブログやツィッターをやっていても

これも当たり前ですが


皆いつもいつも充実してみたされている!


というわけでは決してありませんし

それを見て羨ましがるようなものでもないし
落ち込む必要なんてないですよ。


それよりもあなたが今まで楽しいと思って
つづけてきたDQはまぎれもなく本物で


ほかの誰にも真似できない
あなただけの「貴重で素晴らしい体験」です。


それをもしブログやツィッターで
発信したいと思っていらっしゃるなら


自信を持って堂々とあなたらしく
素直な気持ちで発信していけばいいですよ。



ほかの誰でもない、あなたが主役の「DQ」ですからね^^


では最後までよんでいただきありがとうございました!


人気ブログランキング


心の中の整理整頓

2019年7月15日

「オンライン」の世界を楽しむために「オフラインの世界」を大切に。

2019年5月23日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2013年の発売初期からDQ10をスローペースで続けているライトプレイヤーで初心者の方や復帰された方が集うTeam Cloud lx(チームクラウドナイン)のリーダーとして活動中。日々チーム仲間,ソロでアストルティアの世界をのんびり楽しく遊んでいます。