【唯一無二の財産】ご自身のキャラクターを大切にしていますか?

ブログランキングに参加しています!1日1クリックを押していただければ

ランキングが上がりますのでどうか応援よろしくおねがいいたします^^


人気ブログランキング



ナミ

キャラは女性キャラですが、私中身男性なのですがそれでも構いませんか?


たまにですがゲーム内のキャラクターと実際の性別が違くても大丈夫かどうか?


チームに来ていただける方で少し申し訳なさそうな感じで確認される方がいるんですね。


もちろんそんなものは問題ありませんし

全く引け目とか恥ずかしさを感じることはありません。






全然問題ないです。むしろそれで私が


「え~女性キャラ使っているのに中身男性なんですか・・
 
 やだ~‥なんか騙された気分なんですけど‥」



そんなこと言おうものなら

そんな奴がリーダーやってるチームなんて入る事はありませんよ。


あなたが大切に選んで決めて育成しているキャラクターなのですからね^^

自分の分身を愛することは当然です^^




そんな自分の分身であるキャラクターをあなたは愛していますか?


「いやいやいや、愛ってナミさん・・・何をこっぱずかしい事言いだすんですか!?」


と、思われたかもしれませんが・・・・

いや、ちょっと書いてて恥ずかしくなりましたが(笑)

それでも私はアストルティアで生まれた

自分のキャラ「ナミ」をとても愛していますしとても大切に育てています^^




発売初期組だから今年で8歳くらいかな?


私が今日までDQを続けてこれたのはこのキャラを愛してこれたからですし

今までアストルティアの世界で様々な出会いや別れ

楽しいこともそうでないことも嬉しい事や悲しい事も


すべてこのキャラクターを通して経験してきました。


だからこそ、愛していると自信を持って言えますし


アストルティアで遊ぶためのかけがえのない一番の財産。


それはもちろん私だけではなくきっとあなたも

いまDQ10を遊んでいるプレイヤーさん皆

ご自身ののキャラを愛しているでしょうし大切にしているでしょう。


だって、自分のキャラを愛せなかったり

大切にできなかったらきっと続けられませんよね。




「ナミさん、確かに私は自分のキャラを愛しまくっていますが

 私は妻と娘がいるのに、エルフ娘で選んでしまってなんだか

 時々すこしだけ恥ずかしくなります・・」



「私のキャラは大好きなイケメンウェディ、イケディなのですが

 愛しすぎて最近は実際の彼氏、旦那よりも大切にしている気がします・・」



もしかしてここまで読んで今こう思った方がいるかもしれませんが・・

それでもいいじゃないですか!


たとえエルフ娘でDQを満喫しながらにやけているところを


奥さんや娘さんに見られて


「この変態親父!!もうお父さんとは二度と口をきかないからね!!」

「あなたとは今日から別々の寝室にします!二度と部屋に入ってこないで!!!」



万が一罵られたとしても(笑)

たとえイケメンウェディにうっとりしてDQをしているところを彼氏に見られて


「くっ!!お前は俺よりもこいつのほうが大事なのか!!」


万が一嫉妬されたとしても

あなたが選んだこの世で唯一無二の大切なキャラクターは

あなたが自分の好きな姿でアストルティアの世界を楽しみたいと

思って決めたあなたの分身なんですから。



その気持ちってまぎれもなく本物ですしその気持ちって純粋そのものじゃないですか。


だからね、堂々と愛して大切に育てていけばいいと思います。

育て方、進め方、進めるペースなんて千差万別


そしてどんなときもあなたが自分のキャラを愛せる事で

あなたが自分のキャラをいつも大切に思えますように^^


では最後まで読んでいただきありがとうございました!


アスラ

PS、ただし同じくらいご家族や彼氏、彼女のことも

愛して大切にしてあげてくださいね(笑)


「お前らよりもこいつのほうが可愛いしいつも俺に笑いかけてくれるんだわかるか!!」


「あんたよりも全然イケメンで私のいうとおりに動いてくれるんだから愛して当然でしょ!!」




なんて、キレて言い返してしまったら

すごく、大変なことになってしまうかもしれませんので


そこはどうか同じくらい愛してくださいね・・・(震え声)


ブログランキングに参加しています!1日1クリックを押していただければ

ランキングが上がりますのでどうか応援よろしくおねがいいたします^^


人気ブログランキング


Twitterフォロー大歓迎


Twitterの方でも過去記事を紹介したり色々なことを日々発信しています!

もしよろしければお気軽にフォローして下さいね♪




コメントを残す