私がDQを始めたきっかけ



7月ももう終わりますね。
今月は少し低速気味でした。


といってもモチベーションが
別に下がったのではなく

お盆休み前でちょっとだけいつもより
仕事が忙しく帰ってすぐ寝てしまったのと(笑)

単純に今月はゆっくりやろうと思っていたからです。


それで、ブログの方もしばらく
開かずに放置していたら

実はブログを運営するための
サーバーの契約(1年更新)が切れてて


昨日開いたらサイトが見れなくなっていて
慌てて再契約しましたよ><


なのでもしかしたら、ここ数日
ブログが見れなかったと思います。

もしご訪問された方がいたら
すみませんでした^^;


今日は何を書こうかなぁって
考えたんですが何も思い浮かびません(笑)

でも少し書き始めたのでやめるのもあれだから

今日は自然と頭に浮かんだことを
記事に書いていこうと思います。

私はDQを始めたきっかけ





私はもう発売初期からずっと
スローペースではありますが
このDQ10を続けています。


発売初期組なんてもうあまりいないかもなぁ、、
そう思っていると意外とそうでもなく


現在も続けているという方も
沢山いるみたいだし

発売初期から続けてきて
いったん辞めたけど復帰した!

という方ももちろんいますね^^


DQ10を始めるまで、

私はもう長くゲームをする
という習慣から遠ざかっていて

大学を卒業したあたりから
ゲームもしなくなり

この先もゲームをすることは
きっとないだろうなぁ。。

そう思っていました。


でもそんな自分が今こうして
DQをやっているなんて

当時の自分からすれば夢にも思わないでしょうね。


「じゃあナミさん、どうしてDQ10を始めたの?」


もしかしたらあなたは
そう思うかもしれません。

それにはやっぱりきっかけはありました。


実は私DQ10を始めたころは
結構リアルが大変な状況だったんです。

私は東北地方に住んでいるのですが
このゲームを始める少し前に大きな災害


2011年の東日本大震災により
当時勤めていた職場や住んでいた場所が
すごく大きな被害を受けたんですね。


特に勤め先の方は海の近くだったので
津波の被害が甚大じゃなく
結局そのままダメになってしまったんですよ。


今ではまた事業再開したみたいですが

当時勤めていた私やほかの社員全員
被災により仕事を失うことになってしまい

基本楽観的で人生どうにかなる!
なんてスタンスで生きてきた私ですが(苦笑)

さすがにこれにはショックだったし


こんなひどい事が人生で起こるもの?
この先いったいどうなるの?
もうこの土地には住めなくなるの?


色々と落ち込み不安になり
何かをするという気力も
起きなくなってしまいました。


幸いにも,当時住んでた場所が
被災対象地域という特別区域に指定されて
また勤務先も被災の対象となったために

国から一定期間お金をもらえたんですね。


だから比較的長い間ある程度
生活できるお金が毎月振り込まれてきて

私はそれに甘えて何もせずに
毎日ブラブラとするような生活を
おくるようになってしまいました。


被災で仕事を失った・・・


周りに言うと皆同情してくれるし
皆かわいそうだと言って温かい目で見てくれる。

最初はこれからどうしようという
不安だけだったのですが

だんだんと私は


「自分はとても大変な思いをして
 かわいそうだから今は楽してもいいんだ」


こう思うようになってしまったんですね。

ホントにどうしようもないバカなんですが・・^^;


それでしばらくして、そんな時期に

「ちょっと久しぶりにゲームでもやってみようかな」

時間だけははたくさんあったので
学生時代に遊んでいたテレビゲームを
始めてみようと思いました。


それで選んだのが昔好きで遊んでいた

ドラゴンクエストシリーズで
それがオンラインゲームのDQ10だったんですね。

オンラインゲームなんて
やったことないけど

本当に時間は充分にあるし
ちょっとやってみようかなという気持ちで
DQ10を始めたのがきっかけでした。


所詮暇つぶしに、、、そう思っていても
本当はそうは思えませんでした。


このままでいいはずがないし
今のままの止まっている状況ではいられない。



同じ会社に勤めていた人たちは
次第に次の道を見つけて歩きはじめたり

中には違う土地に引っ越しをして
新たなスタートを始めたり

震災の被害にあった街も
少しずつ復興を始めている。


そんな中いつまでたっても
動き出せない止まっている自分に対して

少しずつ焦りや不安というのを感じていました。


だから、顔や声や本当の自分が見えなくても
他の誰かと繋がれるオンラインゲームは

当時の自分にとって唯一
現実から逃げる場所だったのでしょうね。

立ち直るきっかけとなったDQ




オンラインゲームって

なんか廃人になるまで
やりこんでしまうとか

現実世界をすべて捨てて
のめり込んでしまう怖いものみたいな

そういうイメージが
最初はあったんですけど

でも私は

今のこの問題だらけの現実が
少しでも忘れることができるならそれでも構わない。

そう思ってもいたんですね。


始めたころは、
いつもこのブログで話していますが

ずっと独りぼっちだったし
たまに野良で組んだ相手とちょっとした
トラブルを起こしてしまったこともあったけど

それはだれのせいでもなく

自分自身の現実に対しての
不安、苛立ち、焦りが原因だったと思います。


でもそんな中で知り合えた
数少ないフレンドさんとの交流は

楽しかったし、いつもほっとしたし
何気ないチャットや少しの時間でも
一緒に遊ぶことはとても新鮮でした。


嫌な事をすべて忘れて没頭できる。


ゲームに長い時間ハマっていたのは
学生時代の夏休みのようでしたし

それこそ一日中朝から晩までDQをやっていましたね。


でも、それはもちろん私だけで
アストルティアで出会ったフレンドさんは皆

家事や育児、お仕事とか毎日を一生懸命
大事に生きている人たちでした。

そんな一日の限られた時間の中で
少しずつDQを進めていき

現実生活を楽しめる趣味の一つにしている。


結局のところリアルを大事にしないと
オンラインゲームも心から楽しめないし

結局は何をやってもどこに隠れても
現実から逃げられることはできそうにないな。

時間が長い間止まっているのはもう自分だけ
いい加減そろそろ動き出さないと。


それがわかったとき
ようやく私は再スタートをしようと思いました。

リアルが落ち着いて

それで改めてこのゲームをやって
他のプレイヤーさんと交流したら
きっとすごく楽しくなる!

こう思ったのもありますしね^^


その後必死に動き、新しい勤め先も決まり
少しづつ軌道に乗って現在に至り・・

もう7年近く前の話ですが(もう7年もたったの笑!?)

今思い返してみれば立ち直れた
きっかけはこのDQ10を始めたからでしたね。


もちろんゲームをしなくても

どのみちあのままではいられなかったし
結局、遅かれ早かれ歩き出していたでしょうけど

それでもDQ10をやってよかったと思ってますし

その後チームCloud lxを設立して

沢山のプレイヤーさんと知り合えて交流ができて
楽しい事や色々な経験や学びができて


やっぱり本当に楽しくなりましたし
やっぱり自分の中の世界は広がりましたし
やっぱり現実の世界でも役立つこともありましたし


だから自分にとってDQ10は
やっぱり特別なゲームなのだと思います。


なんだかずいぶんと
今日は重い方向に話が進んでしまい

ここまで書くつもりはなかったし
読み返してみるとさすがに恥ずかしいですが(笑)

でも、記事を書いているうちに
頭に思い浮かび感じたまま書き綴って

それがこういう記事になったのだから
これはこれでいいと思います^^


最後まで読んでいただきありがとうございました。


ランキングに参加しています!
気が向いたらポチっとクリック
よろしくお願いいたします♪



人気ブログランキング

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2013年の発売初期からDQ10をスローペースで続けているライトプレイヤーで初心者の方や復帰された方が集うTeam Cloud lx(チームクラウドナイン)のリーダーとして活動中。日々チーム仲間,ソロでアストルティアの世界をのんびり楽しく遊んでいます。